Skip to main content

ショッピングカート

カート内に商品がありません。
ショッピングを続ける.

シスペラクリームとハイドロキノン

シスペラクリームとハイドロキノン
当院では昨年の11月から使用しているシスペラクリーム

美白のみでなく美肌効果も感じられる美白効果の実感が早い毒性がなく長期使用できる
などが当院でシスペラを導入した理由です。
これまでにはない美白クリーム。とても好きなクリームです

先日はウェブによるセミナーがあったので、聴講しました。

セミナーでもシスペラクリームの安全性が言われていました。
母乳にも含まれる成分で細胞毒性がないこと。これはとても良い点で、ハイドロキノンとの一番の違いです。


当院でもハイドロキノンはお取り扱いしています。
大人気のゼオスキンヘルスのミラミン・ミラミックスや、ガウディスキンのHQクリアといった製品です。(4%ハイドロキノン製剤です)
やはりハイドロキノンですので、私は基本的には長期使用はおすすめしていません。
ただ日本人のお肌はどうしても色素沈着や肝斑の起こりやすいお肌です。
セラピューティックのようなアグレッシブな治療をする際には、ハイドロキノンは必須になるかと思います。
ですので、セラピューティック中の短期間にハイドロキノンを使用することをおすすめしています。
セラピューティックは12~16週間のプログラムで、最長でも半年間となります。
その期間は「皮剥けが起こる」=「炎症が起こる」=「肝斑のリスクあり」=「ハイドロキノン外用を」ということになります。(上手に使うことで肝斑もクリアにしていけます

これはゼオスキンでもガウディスキンでも同じです。
またセラピューティックまではしなかったとしても、高濃度レチノール製品で皮剥けが起こっている場合にはハイドロキノン製剤も併用することをおすすめしています。
高濃度レチノール製品は
・ゼオスキンであれば、スキンブライセラム0.5(または0.25)、WテクスチャーリペアARナイトリペア
・ガウディスキンであれば、デュアルレチノプラス(またはライト)
となります。
ゼオスキンヘルス

ガウディスキン
特にA反応を起こしてないとき(セラピューティックなど行っていないとき)、普段使いの美白クリームとしてはシスペラクリームが大変優秀です。
(A反応中の使用はおすすめしません)


今回のウェブセミナーでは、3日~2週間ほどの使用で効果の実感を得られるとのことでした。(早い!!)
実際に私も使い始めて効果の実感がとても早かったです。なのですぐに導入を決めました。
ただ皮脂がとても少ないタイプの方の場合、使用後1か月くらいは逆に肌のテクスチャーが悪くなる(肌が荒れる)場合があるとのことでした。
私も実際に患者様に使用いただいて、このような例は経験しました。
皮脂が少ない方の場合は一旦荒れて感じることもあるので、保湿クリーム等で少し油分を足した状態での使用がおすすめです。また塗布時間は通常15分ですが、少し短めにされることをおすすめします。

ただウェブセミナーではこのように皮脂が少なく荒れてしまった方でも、継続使用することで2か月程度で効果を実感できると仰っていました。


シスペラクリームは使用方法にややコツがいる製剤になります。

何かお困りの場合はお気軽にご相談ください

Continue reading

ジェルクレンズ&クレイウォッシュ

ジェルクレンズ&クレイウォッシュ

毛髪の治療

毛髪の治療